便秘・冷え性・肩こり

女性に多い便秘や冷え性、肩こりも歪みが原因。
骨盤の歪みは、そのほかにもさまざまな不快な症状を引き起こします。
骨盤は腰椎、胸椎、頚椎などと連動しているため、骨盤の歪みが連鎖的にいくつものトラブルにつながっていきます。
歪みやズレが生じた箇所の筋肉は緊張で硬くなり、それが神経を圧迫するため、肩こり、腰痛、頭痛などさまざまな痛みを引き起こすのです。
また、女性に多い冷え性も骨盤の歪みが主な原因。
冷え性の人はたいてい骨盤、特に仙骨周辺にズレや歪みといった何らかの異常が認められ、骨盤の動きが悪くなっています。
そうなると骨盤内の血行が悪くなり、ひいては下半身の血のめぐりが悪くなって冷えを感じるというわけです。
骨盤の動きが悪くなれば、その周辺の筋肉は過緊張で硬くなるため、冷え性の人は同時に腰痛を訴えるケースも多いのです。
冷え性も慢性化すると頻尿で膀胱炎になったり、消化器系に障害をおよぼすこともありますから要注意です。
冷え性の原因には骨盤の歪みのほか、自律神経の機能低下もあげられます。
自律神経のバランスが崩れると、足先など体の一部分の血管が収縮し、そこに血液が流れにくくなるため冷えを感じるのです。
しかし、自律神経のバランスを崩している大元の原因をたどれば、これもまた骨格の歪みや筋肉の過緊張ということになります。
したがって整体・骨盤矯正で冷え性の施術を行う場合は、骨盤の矯正に加え、頚椎および胸椎上部の歪みも矯正します。
女性に多いトラブルといえば、便秘もそのひとつ。腸には本来、食べ物が入ってくると、その刺激で内容物を送り出す嬬動運動という働きがあります。
しかし、骨盤が歪んで開いてしまうことにより、内臓が下垂し、腸が圧迫されて正常に機能しなくなってしまうのです。
また、女性ホルモンである黄体ホルモンには大腸の蠕動運動を抑制する働きがあるため、女性の場合は黄体ホルモンが活発になる排卵から月経開始までの時期は、特に便秘になりやすいともいわれます。
さらに冷え性の女性はお腹の血行が悪いため、いっそう便秘になりやすいようです。
ぽっこりお腹を解消するために、少しでもやせたいと思っている人にとって、便秘はまさに大敵。つい便秘薬などに頼りがちですが、薬は常用すると効果がなくなるばかりか、腸本来の働きをますます弱めることになり、悪循環に陥ってしまいます。
私たちの体はもともと自然に排便できるようになっているのですから、薬に頼るのではなく、整体・骨盤矯正で体のバランスを整えることによって血行を促進し、腸本来の機能を回復させることが何よりも大切なのです。