ボディラインの崩れ

体の中心に位置する骨盤は、二足歩行の人間にとっては上半身を支えるという重要な役割があるばかりか、腸や泌尿器、子宮、卵巣といった大事な内臓や生殖器を保護する役目を担っています。
骨盤を構成しているのは主に仙骨と腸骨で、仙腸関節でつながっています。
正常な骨盤はハート型で、仙骨を中心に腸骨がきれいな逆三角形を描いていますが、これが左右に広がったり、上下・左右に傾いたりするのが、いわゆる「骨盤の歪み」と呼ばれるものです。
骨盤は基本的に筋肉と靭帯で支えられていて、関節は仙腸関節のみ。いわば宙に浮いたような状態にあるわけですから、姿勢の悪さや日常動作のクセなどによっても、容易に傾いてしまいます。
それだけに歪みのない現代人はいないといってもいいほど、だれでも少なからず歪みは生じているものです。
ほかの骨格に比べ、骨盤の歪みは女性に多く生じるのが特徴。なぜなら女性の体は、女性ホルモンの働きにより、出産に備え、骨盤をつないでいる勒帯が緩みやすくなっているからです。
とりわけ出産を経験した女性は、骨盤に何らかの異常が認められるはず。それをいつまでも放っておくと、歪みにより周囲の筋肉が緊張して硬くなり、それがまた別な歪みを引き起こすといったように連鎖的に広がり、さまざまなトラブルを引き起こします。
まず第一に、骨盤が歪んで広がってくると、内臓が下垂して下腹がぽっこり出てきます。お尻も垂れてくるし、ウエストのくびれもなくなる… 。つまり下半身を中心に、ボディーラインがどんどん崩れてきてしまうのです。
特に内臓下垂の人は、全体的にはやせているのに、下腹だけが異常にぽっこり出ています。
お腹にばかり脂肪がつくのは、もちろん腹筋が弱まっているのも一因。これではいくらやせていても美しいプロポーションとはいえないし、第一、不健康です。
骨盤は脊椎、股関節、大腿骨などとも連動しているわけですから、骨盤が歪めば、当然のことながらほかの骨や関節にも歪みやズレが生じてきます。
そうなると、下半身だけにとどまらず、全身のプロポーションにも悪影響をおよぼします。
女性に多いむくみもそのひとつ。骨盤やそれに連動している脊椎が歪むと、腎臓の働きが低下し、全身の水分代謝機能が衰えます。
血液やリンパの流れも悪くなり、その結果、顔や手足にむくみが生じるのです。
最近、急に太ってしまったという人は、本当に太ったのではなく、実はむくみだったということも十分あり得ます。
また、足の付け根である股関節は骨盤に直結しているため、骨盤が歪んで開いてくると大腿骨も外側に開き、0脚の原因となります。
反対に骨盤が内側にズレて引き起こされるのがⅩ脚です。
若いころはお尻もキュッと上がっていたのに、年齢を重ねるとともに体に締まりがなくなり、お尻が垂れてきたと嘆いている人もいるでしょう。
これも実は骨盤が歪んで開いてしまっていることが原因なのです。
さらに骨盤の歪みは、顔の左右非対称という女性にとっては見逃せないトラブルをも引き起こします。
骨盤はいわば、私たちの体を支える土台のようなもの。その土台が歪めば、腰椎、胸椎、頚椎、頭蓋骨へと連鎖的に歪みが生じます。つまり、左右どちらかの骨盤のズレが、それに連なる骨格の歪みも引き起こし、顔の血液の流れをも偏らせてしまうのです。片方は一重瞼で、もう片方が二重瞼などというアンバランスが生じるのもそのためです。