ホルモンバランス

骨盤の歪みはホルモンバランスにも異常をきたす。
骨盤内には女性にとって大切な子宮や卵巣などの生殖器も収められています。
そのため、骨盤の歪みは周辺の筋肉を硬化させ、そうした生殖器の働きをも鈍らせてしまうのです。
卵巣機能が低下し、ホルモンのバランスが崩れると、まずは生理不順となって表れます。
整骨院には生理痛、生理不順など、女性特有の症状で悩んでいる方も大勢訪れますが、そういう方はたいてい骨盤に歪みが生じ、お尻やお腹の筋肉が硬くなっています。
その場合は、硬化した筋肉を十分緩めたあと、骨盤の矯正を中心とした施術を行うことになります。
骨盤の歪みを正すことで、子宮や卵巣の働きは活発化し、女性ホルモンの分泌が促されるため、月経周期は安定し、痛みやイライラといった生理期の不快な症状からも解放されることができます。
また、骨盤のズレや歪みが不妊症の原因になっていることもあります。不妊原因は一概にはいえませんが、骨盤の歪みによって骨盤内部にある子宮や卵管、頸管などが圧迫されて形態異常を起こしたり、ホルモンの分泌が悪くなり、それが妊娠を阻んでいるケースもあるのです。実際、産婦人科での不妊治療のかいなく、子どもをあきらめかけていた人が、生理痛の施術で骨盤矯正をしたら妊娠したというケースもありました。
女性ホルモンの分泌が活発化すれば、肌にツヤが出たり、ボディーラインに女性らしいメリハリがつくなどうれしい効果も。現在はこれといったトラブルはなくても、子宮や卵巣といった生殖器は女性にとって大切な臓器です。
やせたいからというだけでなく、骨盤の歪みを矯正しておけば、婦人科系のさまざまなトラブルの予防にもつながるというわけです。