新陳代謝を促す

骨盤を正常に戻すことで新陳代謝を促す。
ぽっこりお腹を解消したくても、なかなかやせられないのは骨盤の歪みに原因があります。
整骨院を訪れる方の多くは、やせたいからというより、何らかの痛みや不快な症状で悩んでいる人たちです。
実際、整骨院は骨盤の歪みに起因する坐骨神経痛、腰痛、肩こりや女性特有の生理痛、更年期障害、便秘、冷え性などの症状の改善にも大きな効果を上げています。
さらに施術を受けた女性たちを喜ばす結果になっているのが、骨盤矯正により、お腹の脂肪までとれたということです。
つまり骨盤の歪みが矯正されると、内臓の働きが活発になり、便通もよくなります。
その結果、新陳代謝が促進され、余分な脂肪も燃焼されやすくなり、ダイエット効果にもつながるわけです。
太る原因は、単に代謝機能の衰えだけでなく、食べすぎも考えられます。
骨盤が歪んで広がってくると、内臓が下がって内臓の神経も圧迫されます。
そのため、満腹のサインが食欲中枢に伝わるスピードが鈍く、つい必要以上に食べすぎてしまう傾向があります。
そうなれば、食べたものがエネルギーとして消費しきれず、脂肪としてどんどん蓄積されていってしまうというわけです。
骨盤を矯正により正常な状態に戻せば、内臓も正しい位置に戻り、本来の機能を回復。血行もよくなり、新陳代謝も活発になるばかりか、神経伝達もスムーズになり、適量の食事で満腹感が得られるようになるはずです。
最近は女性誌などで骨盤の重要性が頻繁に取り上げられるようになったせいか、「やせにくい体」を骨盤矯正で「やせやすい体」に変えたいという女性も増えてきました。
なかには食事の量は減らさなくても、骨盤矯正を中心とした整体術の施術を受けただけで、体重が落とせたという人もいます。それは以前に比べ、代謝機能が飛躍的に高まったからにほかなりません。
定期的な施術で、骨盤を常に正しい状態にキープしていけば、そのまま太りにくい体がやせやすい体になれるのです。