背骨がまっすぐ!歪み?

子どものころ、背中を丸めていて「ネコ背よ! 」と親や先生に叱られた経験はないでしょうか?
「ネコ背」イコール「悪い姿勢」が常識のように、定着していますが、ピーンと張った背骨も「よい姿勢」とはいいがたいのです。
これは専門的に「平背」といわれるもので、背骨が本来持っている湾曲がなく、棒のように真っすぐになつている状態のことをいいます。
平背さんは腰痛持ち?
背骨が生理的に湾曲していると、重力などの垂直方向の負荷がかかつた場合、背骨のパーツである椎骨が少しずつ前後へ動いて、その衝撃を水平方向へと分散させます。
椎間板(椎骨と椎骨の間にある軟骨)や骨盤にかかるダメージを、やわらげているのですね。
ところが、湾曲のないフラットな背骨では、椎間板や骨盤がダイレクトに重力の衝撃を受けることになり、変形や損傷、痛みなどが起こりやすくないます。靴底の固いハイヒールでガンガン歩いたりしたら、一歩ごとに骨盤が受ける衝撃は相当なもの。
腰痛が心配です。女性は特に骨盤のまわりがやわらかくできていますから、適度な腹筋と背筋をつくって守ってあげることが大切です。