歪みを治すウォーキング

人間が歩くときも、土台となるのは骨盤です。
この土台の「傾き」と背骨のゆれ(カーブ)との間には、密接な関係があります。
まず、一歩を踏み出した側の骨盤が傾きます。するとそのすぐ上の背骨のカーブが出した脚とは反対側に動き、またその上の背骨が反対側にカーブすることで、頭(頭蓋骨)とのバランスをとりながら、うまく動けるようになつています。
何だか大変なことが行なわれているように思うかもしれませんが、私たち人間が四足歩行から進化し、二足歩行になった時から自然に行なわれてきたことなのです。
あなたのゆがみ危険度は?
さて、ここでひとつ大きな問題が。人間の骨盤は、複雑な動きを可能にしている分だけ、何気ない姿勢や動きで、ゆがみやすい部分でもあるのです。
普段の生活の中で、骨がゆがんだことに気づく人はほとんどいません。
足がコキッと鳴つたからといって、「あつ、今、ひざの関節がゆがんだかも」などと意識しながら生活している人なんてどこにもいないですよね。
ひどくゆがんでしまった骨盤は、骨格矯正で治してしまったほうが早いのですが、少しのゆがみなら日常の姿勢や歩き方に気を配るだけで改善できたらいいですよね!
そう、それが「骨盤矯正ウオーキング」なのです。