旬のものを食べる

旬のもの旬のものを食べる喜びが、自然治癒力を高める

いまはほとんど四季に関係なく、同じ野菜を食べることができるようになりました。

ハウス栽培のおかげです。しかしそれと引きかえに、昔食べたような旬の野菜独得の強い香りと味わいを失ったことも事実です。

それはさておき、いまでも旬の野菜を食べることに、おおいに意味はあるのです。

日本では昔から、春になると山菜やたけのこなど自然の芽吹きが感じられるものを食卓にのぼらせました。そして農耕という一年の長い作業の始まりの季節に、意気込みを新たにします。

炎天下に汗まみれになって作業しなければならない暑い夏には、スイカやきゅうりなど水分の多い野菜や果物を食べ、収穫の秋には、一夏を越した疲れたからだに、栄養価の高いさまざまな秋の味覚を楽しみました。そして冬になると、かぼちゃやにんじんなどを鍋に入れ、からだを温めるというように、自然のままに旬の味を楽しみながら、健康を保ってきたのです。

これらのことは、べつに西洋医学や栄養学から学んだものではありません。長いあいだに培われてきた、日本民族の〝知恵″なのです。

季節のものを食べることは、偏った体質の改善にも自然につながることがあります。

たとえば夏が旬のスイカ、トマト、きゅうりなどは涼性食物といい、からだを冷やして余分な水分を体外に排出する働きがあります。それは熟症や湿症の人に効果があるばかりか、いってみれば夏を過ごすための最適な食品なのです。自然の摂理というのは、このようにじつにうまくできています。

だから体質にかくべつ問題のない人でも、季節の感じられるものを食べることはたいせつです。旬のものを食べることが、健康を保つことにもなるからです。また一般的に、暑い地方では涼性の食物がとれ、寒い地方では温性の食物がとれるというように、土地の風土と食物は密接な関係があります。だから土地の人にとって、その土地でとれたものが一番からだにいいというわけです。食物の加工技術や流通が整っていなかった昔は、人びとはその土地でとれる旬のものを食べてきました。人びとの食生活が、自然の恵みに支えられていたということです。

加工技術と流通が発達した現在は、逆に土地のものだけを食べるということはむずかしいかもしれません。しかし、できるだけ旬のものを選んで食べるという努力はできるでしょう。自然治癒力という観点からも、それが望ましい食生活なのです。