笑いと自然治癒力

〝笑い″で、治る可能性が五〇〇分の一の病気を克服。
コメディ映画を見たり面白い話を聞いて、おなかをかかえるぐらいに大笑いしたあとは、気分がひじょうにスッキリするものです。
ふつうの人は、そこで「ストレスが解消された」といって満足するだけですが、なかにはアメリカのノーマン・カズンズ氏のように、笑いを病気治療に取り入れて、大成功を収めた人もいます。
カズンズ氏の話はいろいろなところで紹介されていますが、私もここで紹介してみましょう。
きっとみなさんの参考になると思います。
カズソズ氏は、膠原病の一種である強直性脊椎炎という難病におかされ、激しい痛みのために動くことさえできない状態にありました。
主治医からも、治る確率は五〇〇分の一といわれたほどです。
ところがある日、彼はおなかをかかえて笑ったあとは痛みがしばらく遠のいていることに気づいたのです。
そこで彼は何をしたかというと、自分の病室に笑いのネタになるコミック雑誌や喜劇映画をもち込んで、おおいに笑って痛みを解消させようという不思議な治療法を始めました。
すると、みごとに結果ほ良好で、主治医が笑う前後の炎症値を調べたところ、明らかに両者のあいだに変化が見られ、笑ったあとのほうが炎症値が減少していたのです。
カズンズ氏ほその後、もっと自由に笑える場所を求めて笑いながら病院を退院し、ホテルに移り、そこで〝笑い療法〞を思う存分行なって、ついに五〇〇分の一の確率といわれた難病を克服することに成功しました。
カズソズ氏は、のちにカリフォルニア大学の教授に招かれ、精神神経免疫学の発展に多大な貢献をしています。
いまでは、アメリカのいくつかの病院で笑いを治療に導入したり、コメディ番組をいつでも病室で見られるようにしているところが出てきました。
これは治療法の進歩といってよいと思います。
笑い療法は日本でも行なわれています。
岡山県倉敷市にある柴田病院の伊丹仁朗先生たちは笑ったあとでNK細胞が活性化することを実験結果で得、そこでがん患者に漫才師を呼んで笑ってもらうなどして、成果を上げているようです。
また古くは、黒住教の教祖・黒住宗忠氏の話が有名です。
両親が相次いで亡くなり、本人も当時は死の病といわれた肺結核にかかったわけですが、その際にある種の悟りを得て、それがうれしくて毎日笑いつづけていたところ、結核が治ったというものです。
以後、宗忠氏ほ結核患者に笑いをすすめたといわれています。
このように笑うことによって病気が治ったり軽快するのは、自然治癒力が高まったからにほかなりません。
高まったために免疫機能が働き始め、病気をやっつけたというわけです。
みなさんもおおいに笑ってください。
気持ちがよくなるはずです。気持ちがよくなることは、すなわち自然治癒力が高まったといえるでしょう。